http://rakutin-diet.seesaa.net/y_key_6345ebe9b10fa16a.html 超高額ASPサイトスタート
「特進アフィリエイトプロジェクト」
【楽天証券】楽天グループの楽天証券で資産運用はじめると、もれなく、最大7,000ポイント!

すっごい便利なツールができました!
【DB street】
なんと、利用料は無料☆
使うか、使わないかは、あなた次第!!
詳しくは、ホームページをチェック!
[URL] http://www.db-st.jp/
登録・使用料は一切無料!【クリックシェア】

自己啓発

無料レポート「あなたの成功を妨害する7つのワナ」パート5

こんばんは。
kikiです。


無料レポート「あなたの成功を妨害する7つのワナ」の5回目です。

ではさっそく6つめのワナを見ていきましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「あなたの成功を妨害する7つのワナ パート5」BY kiki
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

=======================================
秘密その6
失敗のイメージ
=======================================

人は誰しも失敗をします。


しかし、失敗の結果
自分は間違いを犯したという考えにとらわれます。


しかし、私たちは失敗は成功の元であるということを
知識としては知っています。


にもかかわらず、失敗することをとても恐れてしまいます。
なぜでしょうか?


その原因は、子供の頃にさかのぼります。
何かに失敗すると子供の親は子供を叱ります。


例えば、キャッチボールをしていて
隣の家の窓を割ってしまったとき、
親は子供を叱ります。


キャッチボールは運動にもなって子供にとってとてもいいのですが、
他人の家のガラスが割れたという事実に親は怒るわけです。
しかし、たいていの子供は失敗したから怒られた
という勘違いをしてしまいします。


成長して社会人になると
今度は上司から怒られるようになります。
上司からの叱責は親の比ではありません。


こうして長年にわたって失敗するということがだんだんと
怒られる、自分が悪いことをした
という条件づけに変わっていくのです。


それは序々に序々に条件付けされていくので
全く気付きません。


こう考えるとこの条件付けの期間がより長い年配の人ほど、
何事にも躊躇してなかなか行動を起こせないのがよくわかります。


しかし、冒頭でも出てきたように
失敗は成功にとって必要不可欠なものです。


だから、失敗から連想される
負のイメージを払拭することが重要です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この無料DVDはあなたの成功を妨害する
失敗のイメージを取り去るためにはどうすればよいかを
教えてくれます。
DVDは人数限定での配布なので今すぐクリックしてください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


明日の配信で、
無料レポート「あなたの成功を妨害している7つの障害」
「パート6」をお届けします。
内容は以下のとおり。


ワナその7−最大のワナ、それは、、、

今まで紹介してきたワナはこのワナに比べれば
ささいなものでしかありません。

そして、そのワナはあなたのすぐ近くに存在しているのです。
それは、、明日をお楽しみに!


では、パート6でまたお会いしましょう!

kiki


PS.
あなたと同じようにこのレポートに興味を持つ友人の方がいれば、
どうぞ自由に転送してください。

すっごい便利なツールができました!
【DB street】
なんと、利用料は無料☆
使うか、使わないかは、あなた次第!!
詳しくは、ホームページをチェック!
[URL] http://www.db-st.jp/
登録・使用料は一切無料!【クリックシェア】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。